更年期サプリ比較ランキング

更年期障害の合併症って?女性ホルモンの減少が高血圧を起こす?

更年期障害の合併症

若いころには低血圧だった人が、更年期に入ると急に高血圧になったという話をよく耳にします。
これにも女性ホルモンが深く関わっています。
また、高血圧になることで他の病気につながっていくこともあります。
自分だけは大丈夫と思わず定期的に検査をすることが大事です。
このページでは更年期障害の合併症に関して、検証していきます。

 

更年期に血圧が高くなるのはなぜ?

何故血圧が高くなるの?

女性ホルモンが減少する事が原因です。

女性ホルモンには、脂質の代謝をよくして血中のコレステロールを抑制したり、血管の弾力性を高めたりする作用があります。
つまり更年期に入って女性ホルモンが減少することにより、血管が硬くなり弾力性が失われてしまうんですね。
それと同時に、血中のコレステロールも溜まりやすくなります。
血中のコレステロールが溜まるということは血液がどろどろになってしまうということです。
これは、俗にいう高脂血症の状態です。
伸縮性や柔軟性のない血管の中をどろどろの血液が通るため、血管の壁にかかる圧力=血圧が高くなります。
これが高血圧の原因なんですね。

 

高血圧から起こりうる病気とは?

高血圧の状態が続くと、血管は弱くなりますし、血管の壁に傷がついたりすると、その部分に血小板やコレステロールが付着します。
それにより血液の通る道が狭くなります。

この状態が心臓で起これば「狭心症」や「心筋梗塞」につながりますし、

脳で起これば「脳梗塞」につながります。

もろくなった脳血管が破れてしまうと「脳出血」になるのです。

 

また、更年期には生活習慣が乱れがちになります。
また代謝が落ちることで肥満になりやすくなります。
肥満になると血圧が上がりやすくなります。
また過食気味になることで血糖値が上がった状態になりやすくなり糖尿病を引き起こす可能性もあります。

 

いろんな怖い合併症を引き起こす可能性があるのが、更年期障害です。
合併症が起こると命の危険にさらされることもあります。
この時期に食事や運動など肥満を避ける生活スタイルをしっかり続けていくと、更年期を過ぎてからもその生活を続けていくことができます。
合併症のリスクを避けるためにも生活習慣を見直していきましょう。

関連ページ

女性ホルモンって何?一生の中でのホルモンバランスの変化とは
当サイトでは更年期障害の対策方法をはじめ、つらい症状の原因やホルモンバランスを解説しています。男性女性それぞれの症状や発症する年齢・合併症の糖尿病・食事や漢方・運動やサプリメントで改善出来る対策も紹介!更年期のつらさに悩む方におすすめです。