更年期サプリ比較ランキング

更年期障害の対策方法5選!原因や症状を食事やサプリメントで改善

更年期障害の対策 導入

 

更年期障害…言葉で知ってはいてもどんなものか、皆さんご存知でしょうか。
更年期には体の中のホルモンバランスの変化だけでなく、環境の変化・生活習慣など、複数の原因が組み合わさり「更年期障害」が起こることがわかっています。
このサイトでは、更年期障害が起こる原因からはじまり、その症状や合併症、食事や運動など普段の生活の中で出来る対策や症状を改善するサプリメントを紹介しています。

 

 

 

更年期障害って何?

更年期障害って何?

 

女性が閉経する前後5年ほどの期間を「更年期」と言います。
この時期には何かしら心と体に変化がありますが、これには女性ホルモンが深く関わっています。

 

更年期における女性ホルモンの変化

更年期に入ると女性ホルモンの分泌が徐々に減少していきます。
女性ホルモンには

エストロゲン
プロゲステロン
の2つのホルモンがあります。

 

この2つのホルモンがバランスよく働くことで、体の機能は正常に働いています。
卵巣の機能が衰えることで女性ホルモンであるエストロゲンの量が減少します。
エストロゲンの分泌量が減少すると、エストロゲンを増やそうと脳から卵胞刺激ホルモンが分泌されるようになります。
しかし、更年期を迎えた卵巣は必要な量のエストロゲンを分泌することができません。
エストロゲンは減少するにもかかわらず、卵巣刺激ホルモンは増加するというホルモンバランスの乱れが起こってしまい、脳内も混乱をきたすことで自律神経の乱れにつながるのです。

この自律神経の乱れによって心身にいろんな症状を引き起こします。
この症状を更年期障害といいます。

 

ライフスタイルの変化

また更年期の時期には、生活の中でも様々な変化が訪れる時期です。
例えば

子供が大きくなって独立していく
夫が退職する
親を介護する
などライフスタイルが大きく変化するような出来事が起こる時期でもあります。
このような変化により精神的ストレスが加わることで更年期障害が現れたりします。
更年期障害は人によって症状は様々です。
特に気にならない程度の人もいれば、我慢できない位重くつらい症状が出る人もいます。
この差は更年期を迎える前の生活習慣などが関係しているといわれています。

 

注意 若い時期の無理なダイエット
注意 不規則な生活
注意 バランスの悪い食事習慣によるホルモンバランスの乱れ

 

これらが更年期になって影響してくる可能性があるといわれています。

更年期障害には個人差があります。
自分の症状がどのようなものなのか、しっかり把握して、自分に合った対策法を見つけ、改善していきましょう。

症状が出てくるだいたいの年齢

更年期障害が出てくる年齢

 

ひと昔前まで更年期障害は女性特有の病気と考えられていました。
しかし最近では男性にも更年期障害があるといわれています。

女性の更年期障害とは?

女性の場合は、閉経というひとつの節目があり、これを境にホルモンバランスがかなり変化していくことが分かっています。
だいたい40歳半ばで更年期障害が出始めることが多いと言われています。
女性の場合は

短い人で1年

長くても10年くらい

で症状は落ち着いてくるといわれており、更年期障害との付き合いには必ず終わりがくるものととらえても大丈夫な病気です。

男性の更年期障害とは?

男性の場合は、女性のように分かりやすい節目がありませんのでいつから更年期?と疑問に思うこともあるでしょう。

女性の更年期障害が、女性ホルモン(エストロゲン)の減少が原因で起こる

のに対して、

男性の更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因

といわれています。

 

男性ホルモン量の変化

男性ホルモンの分泌量のピークは20代から30代です。
その後加齢に伴って減少していきますが、だいたい40代後半から減少していくといわれています。もちろん男性ホルモンの分泌量には個人差がありますので、50代、60代になっても全く衰えを知らない方もいます。

男性ホルモンが減る理由とは?

男性ホルモンが減少していく要因は加齢・ストレスです。
性格的要因も関係しているといわれており、神経質・几帳面・真面目・責任感があるなど自分では気づかないうちに体にストレスを与えているような性格の人が発症しやすいようです。

 

男性の更年期障害の特徴

男性更年期障害の特徴は、

性生活に関する悩みとうつ症状の訴えが多いこと

40代以降に始まって60代、70代でも発症の可能性があるということ

です。

 

なぜ男性の更年期障害の方が長いの?

症状が長期間におよぶことがあるのは、女性が閉経するのと違い、男性ホルモンは低下こそするものの、一生ゼロにはならないからといわれています。

男性の更年期障害はなかなか理解されにくく、相談できるところもなく自分ひとりで悩んでいる人も多くいるようです。
そのため余計にうつ症状がつらく、ひどくなってしまう傾向もあります。
男性にも更年期があることを知っておくと対策がしやすいでしょう。

女性特有の症状と閉経前後のホルモンバランス変化

更年期障害・女性の3つの症状

 

更年期障害の症状の現れ方には個人差があります。
全く気にならない程度の人もいれば、1年から数年にわたりつらい症状と付き合わなければいけない人もいます。

3つの症状

症状の現れ方は大きく3つに分けられます。

自律神経失調症状

ホットフラッシュ(顔ののぼせやほてり)・疲労感・頭痛・めまい・動悸など

精神症状

イライラ・うつ状態・不安・涙もろい・神経過敏・興奮状態・物忘れ・集中力の欠如など

その他の症状

運動器症状(腰痛、むくみ、しびれなど)

消化器症状(腹痛、便秘、吐き気など)
泌尿生殖器症状(頻尿、排尿障害、性交痛など)
皮膚粘膜症状(かゆみ、湿疹、乾燥など)

 

ホットフラッシュとは?なぜほてりやすくなるの?

1番ポピュラーな症状に、ホットフラッシュがあります。
ホットフラッシュは閉経女性の4割から8割に認められるほどよく知られている症状です。

ほてりの理由とは?

自律神経の乱れにより身体が極端な反応をするようになり、血管が急に拡張したりすることで汗のコントロールができなくなります。
身体がほてりやすく、汗も大量にかくため薄着をしますが、それによりさらに身体が冷えて自律神経の乱れがエスカレートすることで、のぼせが酷くつらくなることもあります。

汗のにおいが変わる?

また、汗がたくさん出ることで汗のにおいも気になるようになります。
これも女性ホルモンが関わっていて、汗のにおいを抑える効果のあったエストロゲンが減少することで起こります。
女性はいつまでも綺麗でいたいですし、周囲からの評価も気になってしまうものですが、汗の匂いがまわりにしているんじゃないかと余計気を使ってしまい、さらに汗が出てしまったり、ストレスなども加わることで、さらに自律神経が乱れるという悪循環に陥りやすくなります。

ホルモンバランスが変わると血圧が高くなる?

また更年期障害は、前述にある通りエストロゲンの減少が原因といわれています。
女性ホルモンであるエストロゲンには、

  • 血管を拡げたり
  • コレステロールの増加を抑制する効果
があるので、女性ホルモンの分泌量が低下してくると、コレステロールも高くなり、血管も硬くなりかけてしまいます。
これにストレスが加わることでさらに交感神経が高ぶったりするので、高血圧にもなりやすくなります。
若い頃には低血圧だった人が更年期になるといきなり高血圧になってしまうことの原因はここにあったんですね。
更年期は自律神経が乱れやすいので血圧も上がったり下がったりと不安定になりやすくなります。

またエストロゲンには、カルシウムの形成、吸収を調整し骨を健康に保つ働きがあります。
更年期の女性には骨粗鬆症などの症状が出やすくなります。

更年期障害に効果のあるサプリとは?

さて、前項にもある通り更年期にはエストロゲンが減少するのですが、これに対し、イソフラボンを摂ると、以下の効果が期待できると言う説があります。

  • ホルモンが補充される
  • ホルモンバランスが保たれる

更年期障害に効果の期待出来るサプリとは?
キッコーマンの基本のサプリは、更年期障害対策に効果的なサプリメントとして知られていますが、どのような点が効果的なのでしょうか。

 

基本のサプリが更年期におすすめな3つの理由

4つの成分

大豆イソフラボン

キッコーマンの基本のサプリには、大豆イソフラボンが含まれています。
この大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをしてくれる事が分かっています。
更年期障害は、エストロゲンの減少が原因で起こるものですから、大豆イソフラボンを摂取する事でホルモンバランスが保たれ更年期障害の症状を改善する事が出来るんです。
特に、基本のサプリに使われている大豆イソフラボンは、アグリコン型という体に吸収されやすいタイプの大豆イソフラボンですから、より効果を発揮しやすくなっています。
これが更年期の対策にぴったりな1つめの理由ですね。

大豆イソフラボンにも適切な摂取量ってあるの?

大豆イソフラボンは、過剰摂取も逆効果で、一日にサプリメントでの摂取は30rを上限にするべきと言われていますから、25rの配合量もちょうどいいんです。

ブドウ種子ポリフェノール

 

基本のサプリには、ブドウ種子ポリフェノールも200r含まれています。
ブドウ種子ポリフェノールには、プロアントシアニジンというポリフェノールが含まれているんですが、このプロアントシアニジンに更年期障害の症状を緩和する効果がある事が、研究で分かっています。
具体的には、

抑うつ
不安
不眠症状の改善
血圧の低下の効果

が認められているんです。

プロアントシアニジンはとても強い抗酸化力があり、体を若く保つ効果も期待できますから、更年期の方におすすめなんです。

ビタミンD3と葉酸

 

基本のサプリには、他にも

  • ビタミンD3
  • 葉酸

といった更年期障害に効果を発揮する成分が含まれています。
ビタミンD3はカルシウムの吸収を助けてくれますし、カルシウムは

骨粗しょう症の予防
精神の安定
ホルモンバランスの改善

に役立ちます。
また、葉酸には
血中コレステロールを下げて、更年期の方に多い

肩こりや動脈硬化を防いでくれる働き

があるんです。
血行不良対策としても効果が期待出来そうですね。

基本のサプリ定期コース

ホルモンバランス崩れによる血糖値への影響と糖尿病のリスク

糖尿病のリスク

 

更年期になると、女性ホルモンが減少することで様々なつらい症状が出ることが知られていますが、生活習慣病を発症しやすくなることも知っておかなければなりません。
その中でも、糖尿病のリスクがあることをみなさんは知っているでしょうか。

更年期障害が糖尿病に繋がる?

糖尿病になる原因としては
注意 遺伝
注意 肥満
注意 運動不足
注意 ストレスによる食事バランスの乱れ
などがあります。
更年期に陥りやすいものがたくさん含まれているのです。

 

ホルモンの減少・イライラ・運動不足…糖尿病に繋がる危険!

ホルモンの減少

さらに更年期には女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少します。
エストロゲンにはインスリンの効果を上げて血糖値を下げる効果があります。
このホルモンが減少することで高血糖になりやすいと言われている為、血糖値の側面からも糖尿病への可能性が高まるのです。

イライラからくる過食

また、更年期になると、自律神経の乱れからイライラしたりストレスが溜まったりすることが多くなります。

 

イライラしている時、つい衝動的に食べ物に走りたくなるのは何故?

人は手っ取り早くストレスを解消する方法として食べる事を選択しがちです。
特に甘いものを食べると脳内物質ドーパミンが分泌されますので、これによって人はとても幸せな気分になるのです。

 

この幸せな気分を味わうために体がどんどん甘いものをほしがってしまい、これらのサイクルが繰り返されることで過食へと進んでいってしまうのです。
過食による罪悪感もまたストレスの原因となりますし、
甘いものの過剰摂取で血糖値が高い状態が続くと、糖尿病へ進行してしまう危険性が高くなります。

運動不足

更年期には身体がだるさがつらかったり、動くのがおっくうになってしまうことで運動不足を招きやすくなります。
これにより肥満も助長されますので、生活習慣病が起こりやすくなってしまいます。
血糖の数値が気になっている方には血糖値サプリランキング|血糖値を下げる19のサプリ、こちらのサイトもおすすめできます。

 

 

生活習慣を見直し糖尿病を防ごう

更年期には糖尿病になりやすいといわれていますが、これは後天的な要素によるものが大きいです。
つまり、生活習慣を見直すことで防ぐことが可能ということです。
糖尿病になると合併症等を引き起こす事から、今後の人生ずっと病気と付き合っていかなければならなくなりますし、命に関わる事も起こってくる可能性があります。
更年期を巧く乗り切る事でこれからの人生を明るく楽しいものにしていきましょう。

 

日常生活の中での対策5選!

対策5選

 

更年期はつらい症状が出てしまう人もいます。また更年期以降は病気にかかるリスクが高くなっていきます。日常生活の中でいろんなことに注意して行き、つらい症状を改善して行くことで更年期とうまく付き合っていきましょう。

 

食事に気を付ける

更年期には血圧が高くなる傾向があります。また体の冷えが原因でいろんな症状につながったりします。

味付けの濃いものは避けるようにして、できるだけ温かいものをよく噛んでゆっくり食べましょう。

 

冷たい飲み物はできるだけ避ける

更年期には大量の汗をかくことで、喉が渇いてしまい一気に水分を取ろうとしたり、体がほてることから冷たい飲み物を選びがちになります。
しかし、大量の水を一気に飲んだところで体に吸収される量には限界があります。
それどころか体に滞りむくみにつながってしまい不快感や冷えを助長してしまうこともありますし、冷たい飲み物をとることで胃腸の機能が低下して、食欲不振や倦怠感につながることもあります。
対策の1つの案として、水分は少量ずつ分けて飲むようにしましょう。
また食事の際などお店などでお水をもらうときは氷抜きでお願いする事をオススメします。

冷たい水よりも温かいスープ等を選択するようにすると冷えの改善にもつながります。
飲み物も、アイスよりはホットを選び、同じお茶でも緑茶より麦茶というようにカフェインの入っていないものを選べると理想的です。

 

適度な運動を心がける

更年期は疲れやすくなったりやる気がおきないこともよくあります。
更年期は女性ホルモンの影響で筋肉や骨が弱くなります。
そのため動きたくないからといって楽なことばかりを選んでいるとすぐに筋肉や骨が弱くなってしまいます。

運動することがつらく感じることもあると思いますが、日常生活の中で階段を使ってみたり、一駅くらいなら歩いてみたりと少しのことから始めてみてください。

 

上手に漢方薬を取り入れる

更年期にはいろんな症状が出ますが、その症状に合った漢方薬を使うことでつらい症状が和らぐことがあります。
更年期によく使われている漢方薬として加味逍遥散があります。
これは女性ホルモンに関係する諸症状によく使われる漢方です。

ただし、すべての人にこの漢方薬が効くとは限りません。
体格や体力、症状の出方などによって漢方薬は様々な使い方をしますので、どうしてもつらい場合は加味逍遥散のほかにも漢方薬はありますので専門の先生に相談してみるといいでしょう。

 

サプリメントを取り入れる

更年期障害への対策として5つめにご紹介したいのがサプリメントです。
これはやはり手軽さがおすすめのポイントです。

漢方薬が飲みづらいと言う方でも飲みやすいのがサプリメント。
様々な会社が更年期に向けたサプリメントを開発し販売していますので、成分は勿論、「自分にとって飲みやすい味・形か」なども含めて選ぶことをおすすめします。

 

更年期障害にサポニンは効果あり?白井田七とは

更年期障害の治療には大きく3つあるといわれています。

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法は、更年期障害の根本治療を目指して行われます。

漢方

漢方は、身体的な症状の緩和や体質の改善のために用いられます。

抗うつ薬・抗不安薬など

抗鬱薬や抗不安剤は、精神的な症状を改善するために処方されます。

 

これらの治療は医師の指示のもと、病院に通って行われる治療法です。
治療に踏み切るほどの症状ではない方や、病院には行きたくない人にとって、もっと手軽に改善する方法はないのでしょうか。
そこでおすすめしたいのが白井田七というサプリメントです。

 

白井田七とは?田七人参に期待できる効果

白井田七とは

 

「白井田七」はあの高麗人参の約7倍の効果を持つといわれている田七人参が使われています。
田七人参にはサポニンという成分が含まれていますが、サポニンは高い抗酸化作用を持つことで知られています。

  • 抗酸化作用

更年期になると肌が老化していったりすることで、気分が落ち込んだりもしますよね。
体内の老化やさび付きには活性酸素による酸化が原因とされていますが、この酸化をサポニンが防いでくれると言われています。

 

  • 血液サラサラでアンチエイジング

また、アンチエイジングの面でもとても効果的です。
また酸化は血中のコレステロールや脂質に悪影響を及ぼします。
コレステロールなどが酸化されると過酸化脂質になって動脈硬化や高血圧を引き起こし、深刻な生活習慣病の原因になってしまうのです。
田七人参を含む「白井田七」を取りれることで、どろどろだった血液をさらさらにしていく手助けをすることができます。

 

  • 健康維持のサポート

またサポニンだけでなく、体の機能を正常にしていくために必要なフラボノイドや必須アミノ酸など良質な成分がたくさん含まれています。
体がだるい、動きたくない、気分が優れないなどの症状に対してもこれらの成分が働きかけてくれるため、健康を維持していくことが可能になります。


更年期には生活習慣が乱れがちになり、生活習慣病を引き起こしやすくなるといわれています。
サプリメントを取り入れることで体調の改善を促し、生活習慣病を起こしにくい体作りができるのです。
白井田七ページへ

さいごに

更年期障害の対策をして健やかな生活を送りましょう
いかがだったでしょうか?
つらい更年期障害も、症状の原因を把握することで、一つ一つ対策を講じてゆく事が出来そうです。
食事や運動などの普段の生活習慣、サプリメント…
様々な対策でつらい症状を改善し、健やかに過ごして行きたいものですね。